ごきげんライフの作り方

横浜→北海道→沖縄→カナダでの生活を通して理想の暮らしを追及していく実録Blog

トロント TTCを学割で利用するには〈Post-secondary student〉

トロント交通機関TTCといい

 

地下鉄・バス・ストリートカーがダウンタウン内を網羅しています。

 

f:id:coccolife:20181109151343j:plain

 

 

 

日常的にTTCを使用する人は

 

 

ほとんどの人がTTC乗り放題のメトロパスを買うか、

 

PrestoというSuicaのようなICカードを使用しています。

 

 

 

それらがなくても

 

 

現金だと1回の乗車で$3.25、トークンというコインを$3で購入し

 

TTCを利用することもできます。

 

 

 

 

トロントに来てから

 

あまりTTCを利用することがなかったのでPrestoも持っていませんでした。

 

 

 

 

冬が近づき自転車を手放してから

 

 

 

TTCを使う機会が増えたのと、

 

  

学生になって学割が使えるようになったのと、

 

 

今後はPresto一本化になるそうなので、

 

 

 

Prestoを作って学割の設定をしてもらいました。

 

f:id:coccolife:20181118120850j:plain

 

 

Prestoの学割だと1回$2でTTCを利用でき、

 

 

さらにPrestoは2時間以内ならどの方向にも乗り換えができます。

 

 

 

 

学割を適用させるには、

 

 

Post-secondary student Photo IDというカードを作る必要があります。

 

 

f:id:coccolife:20181118121359j:plain

 

ただし、

 

 

Post-secondary student は指定された大学や

 

 

ごく一部の語学学校しか該当していません。

 

 

 

 

 

カードの作り方は簡単。

 

 

 

学生証を持ってSherborne stationへ行き、

 

 

カード発行料金$6~7を払い、

 

 

写真を撮ってカードを発行してもらうだけです。

 

 

 

 

Prestoをまだ持っていなければ近くのShoppersへ行き

 

 

 Prestoを購入し

 

 

Post-secondary student IDを提示して学割の設定をしてもらいます。

 

 

 

学割のメトロパスを買うときも

 

Post-secondary student IDを提示して購入します。

 

 

 

 

ちなみにPost-secondary student IDは一年間有効なので、

 

 

1年以上学校に通う場合は

 

 

1年後に再度カードを発行する必要があるみたいです。

 

 

 

12月は本格的な冬に備えて

 

マンスリーパスを購入してみようと思います。

 

 

 

 

マンスリーパスの料金は

 

 

Adult(大人):$146.25

 

Senior(65歳以上), Student(13-19歳):$116.75

 

Post-secondary student(大学生):$116.75

 

 

 

 

今週末はついに雪の予報!

 

f:id:coccolife:20181109151406j:plain

 

では今日もゴキゲンな一日を♩