ごきげんライフの作り方

横浜→北海道→沖縄→カナダでの生活を通して理想の暮らしを追及していく実録Blog

【カナダワーホリ】トロントでよく使うフレーズ「わたし中国人じゃないです」

こんにちは。

 

日本にいるときからそうでしたが、

私はよく中国人に間違われます。

 

 

 

カナダに来てからは、

かなりの頻度で間違われているので、もう慣れました。

 

が、

 

さすがに「ん?」と思うことがあったので、

今回はブログに書こうと思います。

 

 

 

〈いつもどのタイミングで中国人に間違われるのか〉

 

 

 

日本で横浜に住んでいるとき、

よく一人で中華街をブラブラしてました。

 

そのときに、

必ずと言っていいほど在日中国人向けの中華新聞を手渡されそうになっていたり。

 

中華街では、

観光客に栗の試食を配っている人がたくさんいるんですが、

 

日本人観光客に対しては

「オネエサン、クリ、オイシイヨ」 

って片言の日本語で配っているのに、

 

なぜか私には中国語で話しかけながら栗を手渡してきたり。

 

 

 

東京にいるとき、

 

中国人1人、韓国人2人、私の4人で中華料理屋に行って、

中国人の友人が中国語で店員さんに注文しようとしたのに、

 

なぜか私にだけ中国語で話続けてきたり。

 

 

 

日本にいる時から、何かおかしいなと感じていました。

 

 

カナダに来てからは、

 

チャイナタウンで

中国人に中国語で話しかけられることはよくありますが、

 

チャイナタウンじゃない場所でも、

中国人に中国語で話しかけられることがたまにあります。

 

 

そういうときに「わたしは中国人じゃないよ、日本人だよ」

と言っても「いや、日本人には見えない」って言われることも。

 

 

 

Meetupのイベントに参加したときは、

 

初対面のカナディアンの人に

「いま中国語勉強してるんだよね、ちょっと話し相手になってもらえる?」

って言われたり。

 

 

 

カフェでPC作業してて、

隣に座っているウクライナ人の人とスモールトーク中、

 

わたしのPC画面をちらっと見て

「中国人なのに日本語書けるの?すごいね」って言われたり。

 

 

 

これくらいは、普通ですよね。

だって、アジア人はみんな同じに見えるっていう西洋人もいますから。

 

 

 

 

でもね、この前

日本人にまで中国人に間違われたんですよ。

 

これがちょっとびっくりだった…。

 

 

 

いつも通りカフェでPC作業してたら、

 

2つとなりに座っていた日本人男性が、

日本人の友達とSkypeをしてたんですよ。

 

 

で、

たわいもない会話をしていたんだけど、

 

ふと、

 

「っていうかさ、2つとなりに座ってる中国人がぜんぜん中国人っぽくないんだよね。え?なんか、たたずまいが中国人っぽくないの。」

 

って言いながら、

IPadのカメラを私にちらっとむけてきたんです笑

 

 

今ここで私が日本語しゃべったらびっくりするんだろうな~

って思ったけど、ガマンしました。笑

 

 

ここまでいくとちょっとびっくり。笑

 

 でも、

移民が多い街はこんな感じなのかな?

と思ったりもします。

 

びっくりしたけど、

あんまり気にしてません。

 

 

だって、

何人に見えようが、わたしはわたし。

 

f:id:coccolife:20180406034322j:plain

 

では、今日もゴキゲンな一日を♩