ごきげんライフの作り方

横浜→北海道→沖縄→カナダでの生活を通して理想の暮らしを追及していく実録Blog

【カナダワーホリ】 バンクーバー→トロントの国内線でも時間に余裕を持つべきだった

 

数日前にバンクーバーからトロントにやって来ました。

 

f:id:coccolife:20180224062349j:plain

 

 

わたしはエアカナダを利用してひと足お先にトロント入り。

 

f:id:coccolife:20180224062030j:plain

 

 

恭平はというと、

72時間かけてバスでトロントに向かってます。

 

長距離バスを選んだ理由は「飛行機より安いから」らしいです。

3日間の食費を含めたら飛行機とあまりかわらない金額だと思うんだけど…。

 

この話はまた別の機会に。

 

 彼のInstagramに過去の〈たびにっき〉も載ってます。

www.instagram.com

 

 

さて、今回はエアカナダを利用したんですが、いやぁ疲れました。

 

たった4時間のフライトだったのに色いろとやらかして、3つのことを学びました。

 

 

・国内線でも時間に余裕を持つ

・荷物の重さを事前に調べる

・国内線ターミナルでもプライオリティパスでラウンジが使える

 

 

偉そうにいってるけど、どれも当たり前のことです。

 

というわけで、今回はわたしの失敗談をお話をしたいと思います。

 

f:id:coccolife:20180224061629j:plain

 

 

〈国内線でも時間に余裕を持つ〉

 

9時発の便だったので、7時半に空港に着いていればいいんだな、と思っていました。

 

しかし、7時半に空港に着いたとき、すでにエアカナダのカウンターは激混み。

事前にウェブチェックインはしていたけど、荷物を預けるのにカウンターに並ばなければいけません。

 

すぐ列に並び順番を待ちます。

 

 

しばらく並んで、どうやらチェックインカウンターの列に並んでいることに気がつきました。

あら間違ってたのね、と受託荷物カウンターに並び直す。

 

 

しばらくして、どうやら預ける荷物につけるタグを自分で印刷する必要があることに気がつきました。

うむ自分でタグをつけるのね、とタグを印刷して荷物につける。

 

 

 この時点で空港に着いてから30分くらい経過してました。

 

 

 

〈受託荷物の重さを事前に調べる〉

 

ようやく荷物カウンターの順番がきて、荷物をベルトコンベヤーみたいなのに置きました。
先にバックパック、次にスーツケース。


スーツケースをのせたあとにブザー鳴り、スーツケースが重過ぎるので3キロ減らせと言われました。

 

「スーツケースの中身をバックパックに移していい?」

 

と聞こうとしたときには、時すでに遅し。

バックパックはベルトコンベヤーで流されてもう姿が見えなくなっていました。

 

バックパックは軽かったからまだ入ったのに…。

 


しょうがないので、手荷物用のリュックに3キロ分の荷物を入れました。

空港でよく見かける、スーツケースを床に広げて必死に荷物整理してるちょっと恥ずかしい、あれです。

 

 

なんでこうなったかというと、荷物を詰め込むことにだけに集中していて、受託荷物の重さのことを忘れていました。
厳密にいうと、調べてたけど荷物の重さのことはすっかり忘れていました。ははは。

 

ちなみにエアカナダは、受託荷物1つ目から有料です。

 

 

 

ようやく受託荷物を預け終え、手荷物検査へ。

 f:id:coccolife:20180224061936j:plain

ここがまた長蛇の列!

 

しかも前に並んでた中国人のおばさんがやたら時間かかってて、まじか…ってなりました。

 

このおばさん、ヨーグルトは持ち込めないから破棄しろって言われたら、その場でヨーグルトを一気に飲んでたw

なにこれ、インドみたい。

 

 

〈国内線ターミナルでもプライオリティパスでラウンジが使える〉

 

手荷物検査を終えたら、搭乗時間までラウンジでゆっくりしようと思ってたのに、気がついたらもう搭乗時間になっていました…。

 

 

そうです。

プライオリティパスは、バンクーバー空港の国内線ターミナルのラウンジでも使えるんです!

 


ラウンジで軽食を食べようと思ってたから、食料は買ってなかったのに…。

 

もっと時間に余裕を持って来ないとだめですね。

 

 

急いで飲み物と軽食を買って搭乗ゲートへ。

f:id:coccolife:20180224061733j:plain

 エアカナダはゾーン順に機内へ案内されます。

 

 

なんとか搭乗に間に合いほっとしたのに、まったく出発する気配なし。

結局30分遅れで出発しました。

  

 

機内でようやく一息ついたと思ったら、なんか自分の様子がおかしいw

あれ、なんか貧血気味で気持ち悪いかも…ということで、トイレにダッシュ

 

 

朝からドタバタ、汗だくの挙句、最終的にグロッキーになるなんて…。

 

最後までついてないなぁ。

 

 

 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

 

こんな感じで、たった4時間の国内フライトでしたが、いろんなことを学びました。

 

とにかく時間に余裕をもつ!

 子供じゃないんだから、それくらい分かるだろって感じですよね。ははは

 

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

 

なんとかトロントに着き、お家が決まるまでダウンタウンのホステルで生活してます。

 

この日はなぜかドライヤーが使えなかったので、お部屋のファンヒーターで髪を乾かしました。

f:id:coccolife:20180224063016j:plain

次の日、ドライヤーの使い方が間違ってたことが判明。

ボタンを押したらふつうに使えました…かなしい

 

 

お家も無事に決まり、ようやくホステル生活も終わります。

そのお話はまだ今度。

 

 

f:id:coccolife:20180224062133j:plain

ぜんぜんちがう列に並ぼうとして「NO」と言われてるとこw

 

 

では、今日もゴキゲンな一日を♩