ごきげんライフの作り方

横浜→北海道→沖縄→カナダでの生活を通して理想の暮らしを追及していく実録Blog

北海道に住むうえでさいこーだった点つらかった点②

前回の記事では、

北海道に住むうえでさいこーだった点をご紹介しました。

 

coccolife.hatenablog.com

 

 

今回は

つらかった点をリアルな感想と共にご紹介していきます。

 

f:id:coccolife:20170922222254j:image

 

北海道に住むうえでつらかった点

 

 

  1. 冬が長い・寒い・雪がやばすぎる

北海道に住んでもてさいこーな点はたくさんありましたが、

やっぱりコレが一番つらかったです。

 

寒がりの人や雪国暮らし初めての人にとっては

最もつらい点だと思います。

 

 

冬でも全く雪が積もらない地域もありますが、

実際に住んでいた札幌は一年のうちで半年が冬だったなぁと実感しています。

 

 

よく行ってたスーパーでは

飼い主を待っている犬がけっこうな確率で雪に埋もれていました。

f:id:coccolife:20170922221629j:image

 

8月末にはもう秋風が吹き、

9月の秋を満喫していたと思ったら10月末にはもう寒くなり、

11月には初雪が降ります。

 

しっかりと積もる根雪(ねゆき)になるのは

12月入ってからが多いみたいです。

 

 

初雪が降ってから根雪になるまで、

 

積もったかと思うと雨が降って地面がビチャビチャに、

それが凍ったと思ったらまた雪が降って、

 

の繰り返し。

 

 

で、

春になるまでの間はずーっと雪、雪、雪。

 

 

吹雪くと真っ白になって、

なんにも見えなくなります。

f:id:coccolife:20170922221708j:image

 

ようやく3月頃になると少しづつ暖かくなるけど、

 

まだ雪が降ったりやんだり、

溶けたり凍ったり。

 

 

3月末〜4月は本州だと桜の季節だけど、

札幌の桜開花は5月上旬。

 

 

4月になると気温もプラスになって春の訪れを感じるけど、

溶け出した雪で地面はまたビチャビチャに。

 

長靴必須の時期ですね。

 

 

5月になると日差しも気持ち良く感じられて、

桜も咲き、

ようやく長い冬が終わるのです。

 f:id:coccolife:20170922222646j:image

 

ニュースで見た方も多いと思いますが、

札幌では去年のクリスマス頃にドカ雪が降りました。

 

 

積雪90㎝、

新千歳空港は暴風雪などで閉鎖されて、

交通機関はマヒしていて大変でした。

 

ここまでいくと災害レベルだなぁと思いましたね。

 

写真はドカ雪後の札幌市内。

 

除雪をして道路脇に寄せられた雪が高くなりすぎて信号機が見えなくなっている状態です。

f:id:coccolife:20170922221216j:image

 

ドカ雪からの晴天。

 

ピッカーン晴れてて、雪の照り返しで目がやけるかと思いました。

f:id:coccolife:20170922221104j:image

 

昔から寒さは超苦手だったから札幌で迎える初めての冬は死んじゃうんじゃないかと思っていたけど、

 

人間の身体はすごいもので、

 

毎年同じよな寒さを経験していると身体は慣れてくるんですよね。

 

あれ、なんか今日暖かいな

と思ったら気温が氷点下ではなくプラス1度とか2度だったり。

 

 

初めての冬、

わたしが寒いとブルブル震えていたら、

 

周りの人は「今日はプラスだから(氷点下じゃないから)さむくないよ〜」と言っていたのが理解できなかったけど、

 

今ならわかります。

 

あと、

ちゃんと服をたくさん着るようになりました。

 

横浜にいたときは靴下の二枚ばきやズボンの下にレギンスをはくといった防寒対策はしていなかったけど、

 

当たり前ですが北海道ではそれをしないと越冬できません。

 

 

寒かったら着る。

 

でも建物の中は暑かったりするので、

インナーに全部ヒートテックを着ると汗だくで大変なことになります。

 

重ね着のバランスが難しいけど、次第に慣れてきますね。

 

 

 

  2.冬は日照不足になる

 

北海道の雪が降る地域では、

冬の洗濯物は家の中に干すのが一般的です。

 

 

家に立派な洗濯干し部屋や浴室乾燥機があるお宅は不便じゃないと思うけど、

それ以外は部屋に干します。

 

 

わたしもマンションではストーブが置いてあるリビングに干していましたが、

 

これ、すっごく嫌でした。

 

 

部屋の中に洗濯干すと、

 

部屋が汚くみえるし、

部屋干しの匂いもするから。

 

 

横浜にいたときは冬でも外に洗濯干すし、

お布団も定期的に干せていましたが、

これも札幌ではできなくてかなりストレスになっていました。

 

部屋の中に太陽光が入っているときは、

 

そこに布団を広げてましたが、

外でホコリをはらったりできないのが悲しかったです。

 f:id:coccolife:20170922223652j:image

 

あと、

日光を浴びれないと気持ちがふさぎこんで鬱っぽくなる気がしました。

 

わたしだけかもしれないですけどね(笑)

 

寒くて肩が内側に入り縮こまると、気持ちも下向きになりやすいと思います。

 

冬でも晴れて日光を思う存分浴びれたらさいこうに気持ちいいですよね。

 

 

と、

ここまで冬や雪の嫌なイメージばかり書いてしまいましたが、

もちろんハッとするような魅力的な姿を見せてくれることもあります。

 

 

冬の青く晴れ渡った空に、

一面の真っ白の雪景色はとても幻想的でキレイですし、

 

雪を見たことがない人は感動する景色はたくさんあると思います。

 

 

観光で訪れる際は、幻想的な雪の世界を楽しんでくださいね。

f:id:coccolife:20170922223428j:image

 

 

  3.  道外に出るまでが大変

 

北海道出身、在住の人で道外に出たことがない人

って案外多いんです。

 

特に50代以上の世代の方達が圧倒的に多いかと。

 

f:id:coccolife:20170922223750j:image

 

新千歳空港函館空港からLCCも出てるし、

 

国際線もあるのになんでだろう?

 

ってずっと不思議に思っていました。

 

 

でも、

最近ようやくその理由がわかった気がします。

 

 

それは、

 

空港まで出るのがめんどくさい!

 

だと思うのです。

 

 

札幌市内から新千歳空港まではJRバスでサクッと行けます。

 

でも、

札幌周辺以外に住んでいる人は、

まず新千歳空港まで行くのに2時間、3時間、下手したらそれ以上かかることがあるんです。

 

 

因みに、

 

旭川から札幌までバスで2時間、

札幌から新千歳空港までJRで40分、

 

合計2時間40分。

 

 

実際に旭川からフィリピンに行った時は、

 

旭川を始発のJRで出発し→新千歳空港→成田→セブ島到着するまで15時間くらいかかりました。

 

 

横浜に住んでたときは

最寄駅から羽田空港までバスで30分で行けたし、

横浜駅から高速バスや夜行バスに乗ったら地方に気軽に行けちゃいました。

 

道外に出たことがない人が多い理由、はここだと思いますね。

 

 

  4.  道内移動が大変

 

北海道、めちゃ広いです。

 

日本の面積の22%は北海道なんですって。

 

北海道に住んでたけど行ったことない場所はまだまだあります。

f:id:coccolife:20170922232709p:image

 

その道内を移動するとなると、距離も時間もすごくかかります。

 

札幌→旭川JRで1時間半

札幌→函館JRで3時間45分

札幌→稚内JRで5時間10分

札幌→網走JRで7時間

札幌→知床 夜行バスで6時間半

 

 

たまに北海道旅行のスケジュールで、

 

函館から小樽と札幌行って、

次の日は富良野と美瑛行って、

最後に旭川行きたいんだよね2泊3日で!

 

みたいなこという人いますけど、

ほぼ移動で終わりますよって言いたくなります。

 

 

飛行機、JR、バス、車と移動手段はたくさんありますが、

道内旅行するには時間がかかりますね。

 f:id:coccolife:20170922223858j:image

 

 

  5.  車がないとかなり不便

 

札幌市内の街中や街の近くに住んでいたら、

地下鉄や市電、バスを使えば全く不便じゃありません。

 

 

が、

それ以外の地域に住んでいたら車はあった方がいいと痛感しました。

 

 

大型スーパーに買い物に行ったり、

田舎にあるこじんまりしたお店に食事に行ったり、

ちょっと足を伸ばして観光に行ったり、

車があると行動範囲がグッと広がります。

 

 

関東では車なくても全然生活できるので、

車を買うっていう考えさえありませんでしたが、

 

北海道に住むとなると車は断然あった方がいいですね。

できれば4WDの。

 

 

利用目的や使用頻度にもよりますが、

カーシェアリングやレンタカーでじゅうぶんっていうケースもあると思います。

 

車を持つとなると維持費がかかりますもんね。

 f:id:coccolife:20170922224209j:image

 

 

  6.  海で泳げない

 

 

北海道の人って夏になると海に行くけど、

海に入らないみたいです。

f:id:coccolife:20170922224256j:image

 

じゃあ何するか?っていったら、

海辺でテント張ってジンギスカンするですって。

 

わたしはやったことないけど、定番っぽいです。

 

 

ジンギスカンするだけで全く海に入らないのかなって思ったら、

子供は泳いだりして遊ぶけど、

大人はあんまり入らないらしいです。

 

たぶん寒いから(笑)

 

一概にはいえないので個人差あると思いますけどね。

 

 

海が泳げないっていう点は海が好きな人にとってはちょっと残念ですね。

 

なのでおもいっきり潜ったりシュノーケリングしたいって人は道外に行かないといけません。

 

あ、意外かもしれませんが、

夏のオホーツク海は晴れてたらめっちゃキレイです。

 

 

沖縄や奄美とはちがう青さがとてもすてき。

 

f:id:coccolife:20170922224335j:image

 

曇ってたらどんより、くらーい感じになってるけど。

オホーツク海、機会があれば一回泳いでみたいです。

 

夏でもかなり寒いのかな…そもそも泳げるのかな。

 

 

 

以上ですっ。

 

ここまで北海道に住むうえでつらかった点をざっとご紹介しました。

f:id:coccolife:20170922230105j:image

 

いろいろ書きましたが、

 

もちろんこれは全て個人的な感想なので北海道民みんなが思っていることではありません。

 

 

そして、

北海道でも地域によって気候などはちがうので、

ここに書いたことは北海道すべてのエリアに当てはまることでもありません。

 

将来、札幌に移住を考えている方や旅行を計画している方にとって

少しでも参考になれば嬉しいです。

 

 

 

この記事を書いていて、

 

つらかった点として「冬・雪・寒さがやばい」が気持ち的に80%くらいをしめていたということに自分でも気がつきました。

 

自分の身体に合う気候、環境ってみんなちがいますよね。

 

北海道に実際住んでみて、

じぶんが苦手な環境や、

 

将来どんな気候の場所に住みたいのかというのがはっきりわかったので本当によかったです。

 f:id:coccolife:20170922224513j:image

 

これからも北海道内、札幌のことをご紹介していくので

北海道好きの方はお楽しみに♩

 

f:id:coccolife:20170922224627j:image

 

では今日もゴキゲンな一日を♩